オカメパウダー(脂粉)をまき散らすオカメインコのキミくん

オカメインコのキミくん

オカメパウダー(脂粉)をまき散らすオカメインコのキミくん

オカメパウダー(脂粉)をまき散らすオカメインコのキミくん

よ~し、今日も元気にオカメパウダーをお世話係にふりかけるのだぁー(●^◇^●)

オカメパウダーをまき散らす準備をしているオカメインコのキミくん

オカメパウダーをまき散らす準備が整ったオカメインコのキミくん

オカメパウダーをまき散らそうとしているオカメインコのキミくん

今まさにオカメパウダーをまき散らそうとしているオカメインコのキミくん

オカメパウダーをまき散らしはじめたオカメインコのキミくん

オカメパウダーをまき散らしているオカメインコのキミくん その1

オカメパウダーをまき散らしているオカメインコのキミくん その2

オカメパウダーをまき散らして叫んでいるオカメインコのキミくん

 

 

 

 

オカメインコって、上の写真のように頭を足で掻いたり、身体をプルプルって震わせたりなどすると、こんな感じで人間でいう所の「フケ」というか、皮脂のような白い粉がたくさん舞い散るんだよね。
これをお世話係達は愛情をこめて「オカメパウダー」とか「イン粉」と呼んでくれているんだけど、正式には「脂粉」というらしいのだ。

オカメインコの脂粉(通称オカメパウダー/イン粉)

この「脂粉」がこんなにたくさん出るからと言って、別に病気とかいうわけではないんだな、これが。
むしろ健康なオカメインコだったらゼッタイに脂粉は出るものだから、安心してほしいのだ!

ただ、この「脂粉」に悩まされているお世話係達も少なくないようなのだ。
オカメインコは脂粉の量が結構多いから、放鳥していると部屋のあちこちが脂粉でいっぱいなってしまう場合があるのだ。
お世話係が万が一アレルギーをもっていたりすると大変だし、脂粉をたくさん吸い込んでしまう事で咳が頻繁に出るようになってしまう可能性もゼロではないのだ。
だから、お世話係はなるべくこまめに掃除機をかけたり、こまめにコロコロしたり、フローリングは少し湿った布で拭いてから乾拭きしたりするなどして欲しいのだ。余裕があれば空気清浄器の導入も検討してほしいな。洋服とかにはガムテープも便利だよ。

 

ボクたちオカメインコはいつでもお世話係の近くにいたいと思っているんだ。
なので、結果的にお世話係にボクたちの脂粉をたくさん付けてしまう事になってしまうんだけれども、その事も含めてかわいがってもらえればボクたちオカメインコは幸せなのだ(●^◇^●)

 

 

ちなみにボクのお世話係は花粉症なんだけれども、幸いなことにボクのオカメパウダーは全然平気みたいなのだ!
良かった良かった、ずーっとくっついててやるのだぁ(●^◇^●)

↓今人気のかわいいオカメインコたち↓

  • オカメインコの人気ブログランキング
  • にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

コメントを投稿する

* が付いている欄は必須項目です。ただし、メールアドレスがサイト上に公開・表示されることはありませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿」ボタンを押してください。